自分に合った保育士試験の勉強方法を考える

###Site Name###

保育士試験は、資格を付与するために都道府県が実施する試験です。10科目だった筆記試験は、教科が見直されて8科目に変更されました。



勉強するにあたって色々な教材が出ていますが、全社協出版社が出している保育士養成講座が教科書とされています。
それを購入しなくても通信教育やインターネット上で運営している保育士勉強サイト、書店に出ている参考書など自分に合った勉強方法を考えます。一人で、コツコツ勉強できる人や時間がなかなか取れない人には、参考書や過去問題を自分の空いた時間を利用してたくさん問題をこなす勉強方法があります。


この勉強方法は好きな時間にできて比較的にお金がかからないことが利点です。

なかなか自分だけで勉強したり教科書の内容などが分からない場合には、保育士総合講座があります。

保育士総合講座の良い点は、分からない点はすぐに質問ができる事と同じ目標を持った人と一緒に勉強することで勉強を続ける支えになる場合があります。

受けたい教科の講座に出席するので自分に合った時間に開講しているのか確認します。



長く続けるために講座を実施している場所が通える範囲にあることも大事なポイントです。

参考書だけで勉強するより比較的お金がかかるので、時間やお金に少し余裕がある人にお勧めです。

科目の講座以外にも試験が近くなると受験の手続きなど分からない点もサポートしてくれるところがあるので、心強いのが特徴です。


自分のペースで無理なく続けられる勉強方法を選択するのが重要です。