保育士の試験と受験資格について

###Site Name###

赤ちゃんから未就学児までの幅広い年齢層の子どもを預かり、お世話を行う保育園で働くには、国家資格である保育士の資格を取得する必要があります。資格を取得するには、厚生労働省が指定している幼児学科や保育科のような子どもの教育に関連した学科のある大学や短大、専門学校に通い、卒業するのが条件になります。

しかし、この方法はすでに働いている人や主婦の方には費用や時間がかかりすぎるためあまりおすすめはできません。


保育士になる方法には、年に1回実施される保育士試験に合格して資格を取得する方法もあります。

異業種から転職する人たちは、この試験を受験する方法を選ぶことが多いです。


この試験は、受験資格さえ満たしていれば、誰でも受けることができます。



受験資格としては、最終学歴が大学や短大、2年以上の専門学校を卒業していることが条件になります。



学部や学科は、保育に関係がないものでも受験資格には差し支えません。学歴の条件に満たしていない場合は、児童福祉施設で働いた経験が受験資格の条件となります。



これは、最終学歴に応じて違い、高卒であれば2年以上かつ2880時間以上、中卒であれば5年以上かつ7200時間以上の経験があることが条件になってきます。

保育士のニーズは共働きの家庭の増加に伴い、高まりつつあるため今後も試験を受ける人の数も増加していくと考えられています。

また、保育士は保育園だけでなく企業内やテーマパーク内の保育施設などでも需要があり、今後も活躍できる場所は増えていくと考えられています。