保育士給料の平均額とは

###Site Name###

保育士と言えば、最近テレビやニュースなどで給料の低さが取りざたされていますが、実際はどのような特徴があるのでしょうか。
まず、全国的な給料の平均額は約21万円、賞与は年間約57万円となっています。


ただ、この額はベテランの保育士や、相場の高い関東圏なども含まれたものなので、地域や年齢によっては18万円前後のケースもあります。

また、勤務先が公立か私立かによっても給料は異なります。



公立で正式な職員として雇用された場合は地方公務員となるため、国による地方公務員規定に従った額が支給されます。



さらに公務員が受け取れる様々な手当ても適用となるため、高待遇で働くことができます。

一方私立の場合は、勤務先や条件などによって給与体系は異なります。
公立と比べてもそこまで大きな差はありませんが、初任給の平均としては17万円ほどのケースが多いです。

正職員の場合は上記のような金額が受け取れますが、派遣や臨時職員の場合はもし福利厚生や社会保険が整っていない職場だった場合、支給額から自分でそれを支払う必要があります。


項目にもよりますが、給与の額面から2万円前後少なくなることもあり、手取りだと14万円前後が平均となります。

ただ、近年は保育士不足が深刻な問題となっているため、より高い給料で保育士確保する保育園も増えてきています。



国も保育士給料のアップに取り組んでいる動きもあるため、今後徐々に額は上がっていくと見込まれています。